トラベラーズノート

カスタマイズ リフィル

トラベラーズノートのカスタマイズに用意したいリフィル & アイテム【本体+10選】

2020年10月27日

 これほど自由に、好みに合わせてカスタマイズできるノートが他にあるだろうか——。

 シンプルな革カバーに思い思いのノートを挟む。そのノートひとつをとっても種類が複数あり、ファイルやポケットなどのカスタムパーツとの組み合わせはいく通りにもなる。個人が必要とするノートを、自ら作り上げることができるのだ。

 しかし、その組み合わせ方はさまざまあり、初めてトラベラーズノートを手にする人は迷ってしまうことだろう。
 そこで、トラベラーズノートを愛用する管理人がおすすめのリフィルやカスタムパーツについてまとめてみた。カスタマイズの参考になれば幸いだ。

目次

自由にカスタマイズできるトラベラーズノート

トラベラーズノート

 トラベラーズノートとは、日本のデザイン文具大手『株式会社デザインフィル』が手がけたノートのことだ。シンプルなリフィルと風合いのよい革カバーを組み合わせたノートで、”手にとって旅に出たくなるようなノート”を目指して開発された。トラベラーズノートの詳細は『トラベラーズノートとは』を参考にしてほしい。

 一見システム手帳のようなイメージを持つかもしれないが、少し異なる。トラベラーズノートは、革カバーにノートをゴムバンドで挟むシンプルさが特徴だ。
 旅先での地図やチケットを無造作に挟みこみ、気になった事は文章でもスケッチでもさっと書き留めることができる。そのラフさやユルさに味があるノートなのだ。

 トラベラーズノートには数々のリフィルやカスタムパーツが用意され、どれを選ぶかあれこれ考えるのも楽しみのひとつだ。その一方で、どのパーツも魅力的で何を組み合わせるか悩むのも事実。
 次項から管理人のトラベラーズノートのカスタマイズ例をご紹介する。リフィルやカスタムパーツ選びの参考にしてほしい。

トラベラーズノートのカスタマイズアイテム 本体+10選

トラベラーズノート

 管理人はトラベラーズノートレギュラーサイズ黒を中心に、以下のリフィルとカスタムパーツを用意している。

 この中から、用途や出かける場所に応じて中身を組み替えながら運用している。それぞれを具体的にみていこう。

トラベラーズノート レギュラーサイズ 黒

トラベラーズノート

 まずは本体を用意しなければ始まらない。トラベラーズノートには、レギュラーサイズとパスポートサイズの2種類があり、色は黒、ブラウン、キャメル、ブルーの4色が展開されている。

 携帯性を考えればパスポートサイズが最適だが、管理人は書き込む量が多い。パスポートサイズではスペースが足りないのだ。

 トラベラーズノートの楽しみのひとつ、経年変化は、キャメルやブルーなどの薄い色のほうがより楽しめる。だが、薄い色は雨染みや汚れがどうしても目立つ。ラフに扱うノートとはいえ、やはり汚れは気になるだろう。

 たっぷりと書き込め、汚れの目立たない黒。レギュラーサイズ黒を選んだのは、このような理由からだ。 

created by Rinker
トラベラーズカンパニー
¥4,400 (2021/10/17 10:36:46時点 Amazon調べ-詳細)

トラベラーズノート リフィル  セクション(方眼罫ノート)

 トラベラーズノートを構成するパーツでもっとも基本的なものがノートである。管理人の好みは方眼罫のノートだ。

 トラベラーズノートには、横罫、無罫、方眼罫、日記の4種類があり、他にはクラフト紙や画用紙ノートも用意されている。この中でもっとも汎用性が高いのが方眼罫ノートだろう。

 方眼罫ノートは、文章やスケッチ、ちょっとした図形、グラフなども書きやすい。線のない無罫ノートも自由に書き込めるが、ガイド線がないため秩序よく書き込めない。かといって横罫は文章を書くには最適だが、書き方が限定されているように感じてしまう。

 だからガイド線があって、文章でも図形でも何でも書き込める方眼罫ノートを選んだのだ。

created by Rinker
トラベラーズカンパニー
¥828 (2021/10/17 16:32:29時点 Amazon調べ-詳細)

トラベラーズノート リフィル  ダイアリー

トラベラーズノート

 現在、多くの人がグーグルやアップルのカレンダーアプリで、スケジュールを管理しているのではないだろうか。かくいう私も、2019年まではグーグルカレンダーを使っていた。

 しかし、2020年からトラベラーズノートでスケジュール管理をすることにした。その理由は、手元にノートさえあればいつでも閲覧・書き込みができ、スマートフォンやPCも必要とせず、もちろん wifi や電源も必要としないからだ。

 管理人はアウトドアが大好きで、山に行くことは趣味であり、半分は仕事でもある。その中で、電源のない場所や電波のつながらない場所に行くことは珍しくない。そのような環境では、紙と鉛筆の組み合わせがもっとも心強いのである。

 もちろんインターネットやガジェット類は日々便利に使っているし、紙のノートでスケジュールを管理することの不便さもあるだろう。しかし、その不便さを知りながら使ってみようと思わせる魅力が、トラベラーズノートにはあるのだ。

トラベラーズノート リフィル  連結バンド

 管理人のトラベラーズノートには、方眼罫ノートとダイアリー、そして予備ノートの3冊がセットされている。カバーに2冊以上のリフィルをセットするのに必要なのが、連結ゴムバンドだ。トラベラーズノートの必須アイテムといっても過言ではないだろう。

 トラベラーズノートは通常、1冊のノートしか挟めない。そこで、連結ゴムバンドで2冊のノートを連結し、革カバーに挟むのだ。この連結ゴムバンドを使えば、カバーの厚みの許す限り数冊のノートを連結して挟みこ込める。

created by Rinker
デザインフィル
¥470 (2021/10/17 15:45:32時点 Amazon調べ-詳細)

トラベラーズノート リペアキット 8色

トラベラーズノート

 トラベラーズノートには専用のリペアキットが用意されている。中身は、スズ製の金具とゴムバンドが8本、しおり紐が2本セットされている。ゴムバンドが伸びたり切れたりしたときの補修パーツだが、もちろんカスタマイズにも使える。

 ゴムバンドの交換は簡単で、色を変えるだけでノートの印象がガラリと変わる。カスタマイズの手始めに、まずゴムバンドを変えてみよう。

created by Rinker
トラベラーズカンパニー
¥880 (2021/10/17 12:41:51時点 Amazon調べ-詳細)

トラベラーズノート リフィル ポケットシール ポケットシール

革カバーにポケットを設けると利便性がさらに高まる。予備のノートやパンフレット、カード、領収書などを収納でき、管理人はもっぱら領収書の一時保管場所として活用している。

 カバーのゴムバンドに何でも挟めるのがトラベラーズノートの良さでもあるが、ポケットがあると整理整頓できて大変便利だ。

created by Rinker
デザインフィル
¥510 (2021/10/17 15:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

トラベラーズノート リフィル  ジッパーケース

 旅行にトラベラーズノートを持ち出すときに用意したいのが、ジッパーケースである。

 片方はジッパーケース、もう片方はクリアポケットになっており、チケットやレシート、旅先で入手したパンフレットなどを収納するのに非常に便利だ。

created by Rinker
トラベラーズカンパニー
¥560 (2021/10/17 15:45:33時点 Amazon調べ-詳細)

トラベラーズノート リフィル  三つ折りホルダー

トラベラーズノート
観光マップをトラベラーズノートに三つ折りで挟める。

 三つ折りホルダーは、A4サイズの用紙を三つ折りにして収納できるクリアファイルだ。A4は日常で使うことの多いサイズだけに、さまざまな用途に使える。

 管理人のおすすめの使い方は観光マップを挟むこと。三つ折りホルダーはトラベラーズノートから取り外して単体で使用できる。旅先で手に入れた観光マップを三つ折りホルダーに挟めば、破れや雨の心配を軽減でき、見たいときにいつでも取り出して確認できる。

トラベラーズノート ペンホルダー

 トラベラーズノートをフル活用するには、ペンも同時に持ち歩かねばならない。そこで選んだのが、Sサイズのペンホルダーだ。

 純正ペンホルダーにはSサイズとMサイズの2種類がある。まず、Mサイズはペンの本体を差し込んで使う。直径12mmまでの筆記具に対応しているが、それ以上の径の筆記具は差し込めない。直径の太い万年筆には対応できないだろう。

 Sサイズのペンホルダーは筆記具のクリップを差して使う。これなら、クリップ付きの筆記具なら何でも差し込んで使えるのだ。
 どちらのサイズを選ぶかは、愛用している筆記具の種類によるだろう。

created by Rinker
トラベラーズカンパニー
¥990 (2021/10/17 02:46:46時点 Amazon調べ-詳細)

TF ブラスタグ JAPAN TRIP柄

トラベラーズノート

 タグやチャームは決して必需品ではないのだが、取り付ければより好みのトラベラーズノートに仕上げられる。管理人が選んだのは真鍮製のブラスタグだ。

 トラベラーズノートは経年変化を楽しめるノートである。ならやはり、タグやチャームも経年変化を味わえる素材がいい。ブラスタグは使い込むうちに酸化し、徐々にくすんでいく。そうして変化したタグと馴染んだ革カバーは、世界にひとつだけのトラベラーズノートとなる。

 ブラスタグの購入は『トラベラーズノート公式オンラインショップ』で。

まとめ

トラベラーズノートには色々な使い道があり、カスタマイズも十人十色だ。自分だけのトラベラーズノートを目指して、あれこれ思案するものトラベラーズノートの楽しみである。

 ここでご紹介したのは管理人の使い方であり、いく通りもあるカスタマイズのほんの一例にすぎない。この記事を参考にしつつ、個性あふれるトラベラーズノートを作り上げてみては、いかがだろうか。

-カスタマイズ, リフィル